スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランドル戦記 戦国大名だけど転生したらお姫様だった。その1

第1話 死去、そして転生

 「天は奴を選ぶか」
私は静かにそうつぶやく。
眼前に広がるのは戦場、皆槍や刀でもって乱戦を繰り広げている。

戦況は芳しくない。いや、もはや負けともいえる状況であった。

こちらの戦力は3万に対してあちらは5千、だが敵はこちらの動きを狭める為に、こちらの拠点となる城を囲むように砦を設置し、その3万の軍勢を可能な限り分散させ、総大将である私が率いる本隊の動きすら狭めた。
…敵の狙いは地形を利用した後方への奇襲。3万もの軍勢である。消費する食料は膨大で、折りしも飢饉の続くこの時代の6月。後方を脅(おびや)かせば士気を保つ事は危うい。そして何よりも本陣であるここが襲撃される可能性もある。いや、現にこうして襲撃されている。

だが、私はあえてその相手の策に飛び込んだ。重ねて言うがこの飢饉の時代、もはや春秋時代の如くの乱世の世である。戦をすれば滅ぼすか滅びるかの二択である。
ならば、私が体現してみせよう。今までしてきたように、今回もまた体現してみせよう。

私は戦が苦手だ。良き師にめぐり合わなければ私は僧として、戦に苦しむ民たちを救う為に説法を繰り返して、そして平穏に死ぬであろう。
その生き方もよかったのかもしれない。だが、私はもっと多くの人間を救いたかった。

故に、大名となりて天下に法を敷き、太平を築きたかった。

 「しかし、天は奴を選んだ」
再び私はそうつぶやく。
 相手は銭についてよく知っている。今は内乱が続き、力を付けられずにいるが、今に天下を手にすることもできるであろう。
 だが、奴は、あまりにも能力がありすぎ、かつ地位は低い。守護大名の家臣の家臣であった家である。天下を望めば荒れるであろう。将軍やそれに順ずる名家達、ほかにも武田や北条、上杉に毛利、敵対すれば仏すら斬るやも知れない。

 天は、それを望む、か。

 それも悪くない。と静かにつぶやくと自然と笑いがこみ上げてくる。
自分は今から死ぬと言うのに、まるで自分の息子のように期待と心配がこみ上げてくる。
そういえば実の息子は無事に生きられるであろうか。この戦で私が死ぬとなれば、武田は手のひらを返して攻め入ってくるだろうし、松平も故郷へ帰れば独立するであろう。

 なぜなら今川家は私と師による統治支配。力ある者が力によって万民家臣(まんみんかしん)を治め、支配をする。故に家臣らは補佐する程度の能力にとどめていた。師亡き今、今川家は私のみで支えている現状、私が死ねば全てが裏目に出る事になる。
 子・氏真にはあいつなりの才がある。武家としてはやってはいけないが、運が向けば公家として名を残すやも知れない。

 眼前に敵の兵が躍り出る。
死ぬとわかってもなお、ただで首を取らすのも癪である。服部と名乗る兵に切りつけた。

 しばらく、目の前の兵達と戦うも、すでに主なこちらの武将は討ち取られている。もはやこれまで、か。
 と、思考をしていたら、案の定槍で刺されてしまった。
 槍を刺した者は毛利良勝と名乗る者。先ほど斬りつけた際に指を何本か落としたが、無駄だったらしい。

 「見事なり」
 私は血が滴り落ちる槍を引っこ抜き、静かにその場所に座る。もはや力はでない。ならば武士らしく腹を切ろう。
 「介錯し、この首を信長殿に届け、手柄と致せ」
私の声に、毛利良勝は刀を構える。

歌を詠む気にもなれず、ただただ残念である。私も天に選ばれたかった、それだけである。

私は手に持った脇差で腹を掻っ切り、そして毛利良勝から刀が振り下ろされ、視界は闇になった。


切腹というのも、中々痛いものだ。

こうして、私、今川義元は死んだ…のだが…。



「おぎゃーおぎゃー」
気が付いたら赤ん坊になっていた。
どういうことだ、これは。何なのだ、これは、どうすればいいのだ、まるで訳がわからぬ。誰か説明してくれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

タイトル
2011年2月16日導入
プロフィール

テト式

Author:テト式
24歳。がくせ…介護職員です。
東方厨だと思ったら艦これに裏切ったけど小鈴ちゃんが可愛いから那珂ちゃんのアイドルやめます。
艦これはやってません(迫真

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
今日は何の日?教えて慧音先生

まよねーず工場
アクセスカウンター
多分、リアルタイムでみている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。